FC2ブログ

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • iPhone史上最強!?強化ガラスフィルム
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年02月07日 (火)
  • 01時03分17秒
by AlphaWolfy

最新記事

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


関連エントリー

Loading


最新コメント

リンク

ブログランキング

RSSリンクの表示

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

iPhone史上最強!?強化ガラスフィルム

iPhoneの、すごい保護フィルムの記事を見つけたので、いきなり衝動買してしまいました!

GLAS.t
http://wired.jp/2012/02/01/glass-protector-protects-glass-iphone-screen/

なんと強化ガラス製!!ハサミどころか、ドリルの攻撃にも耐えうるという、まさに最強のフィルム!

iPhoneは裸で使うのが信条の僕ですが、以前iPhone4をアスファルトの上に叩き落として画面に傷をつけて以来フィルムだけはつけるようにしています。

このフィルムなら今後、絶対の安心が手に入る!



パッケージはこんな感じ。中を開けると・・・



フィルム本体と小さめのクロス、ゴムベラ、そしてホームボタン用のシールが入っています。

ホームボタン用のシールは、フィルムがガラス製なので普通のフィルムより厚みがあります。そのためちょっとホームボタンが押しにくくなるためついています。

さて、貼りごこちはどうだったかというと、かなり貼りやすいと思います。
動画にあるように、位置ぎめをして、フィルムの真ん中をちょんと押せば後は自然にくっついていきます。

・・・しかし僕は失敗しましたorz
本当に久々です、フィルムで失敗したのは。

なぜ失敗したかというと、普通のフィルムよりガラス製ということで強度がある為に、貼ってからホコリを粘着シートで取ることができないのです。
それを、無理やりやろうとしたためフィルムがゆがんでしまい、端の方が少しだけ浮くようになってしまいました。

かなりホコリは入りにくい仕組みのフィルムなので無理にホコリゼロを目指さずそのまま使ったほうが遥かに綺麗に貼れてたのに・・・と後悔することしきりでしたが後の祭り。

ホームボタンのシールは、□がまっすぐになかなかならないので、その部分は剥がしてしまい、透明の、グミみたいな部分だけを使いました。

フィルムの性能は、見た目は全く問題なし。美しいです。Retinaの美しさを全く損ねていません。

手触りは大変僕好みのツルツルスベスベで気に入りました。普通のフィルムより厚みがありますが、操作性には全く影響していません。

指紋のつき具合いは、全くつかないというわけではありませんが、ガラス製のためか、ついた指紋はちょっと拭き取っただけですぐに取れました。これはかなり優秀です。

ちょっと想定外の失敗はありましたが、これで絶対の安心感を得られたわけですからまあ良しとします。綺麗に貼れてさえいれば決定版になったかもしれないのに、本当に悔しい。

iPad用のものは今のところありませんが、発売したらぜ欲しいですね



今調べたら売り切れですね。僕が買うときも他の店は売り切れでここしか見つからなかったのですが、これではしばらく手に入らないかも。

ただ、強化ガラス製のフィルム自体は他にもありますね。性能差があるのかどうかはわかりませんが金額的には似たり寄ったりみたいです

関連記事



2012-02-07(Tue) 01:03| iPhone・iPadアクセサリー| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyousyumi.blog27.fc2.com/tb.php/145-2574e1e6

楽天

Google

iPhone&iPad

Mac

お勧め!

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。